×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紋付き袴&白無垢のウェルカムボード

ビジネスに使用する文章。
基本的な書き方としては解りやすいことにつきます。
ビジネ文章の例文などを見てみると
(「ビジネス文章 サンプル」で検索してみてください)
内容がわかりやすく作られたものが多いはずです。
わかりやすく要領のよいビジネス文章の作り方を具体的にあげると、
@文章を簡潔にまとめること
A文章の順番を関連を考えて内容をととのえて書いていくこと
この2つに要約されます。
伝えたいことは正しく伝えることが望まれますし、
ひとつの文章にひとつの内容とするのが良いでしょう。

あとは具体的に書いていくということである程度できあがると思います。
ビジネス文章の書き方とは、

・短く
・解りやすく
・簡潔に

まとめてゆくのが基本。
これらのビジネス文章を作成する上で注意すること。
ビジネス文章はビジネスを行ううえで大切な役割を担うもの。
そのため読む側のことを考えなくてはなりません。
読む相手の気持ちになると、
ビジネスに使用するのですからわかりやすいのはもちろんのこと、
一度読んで理解できる内容であるべきでしょうし、
文章の内容が整理されていると好ましいものです。
書き方として他に気をつける点として。
⇒文書・文章には誤字や脱字がないようにすること。
文書類には人の名前や大事なデータが載るものです。
これ等を間違えると大変なことになりかねません。
また結論は先に持ってくると読みやすいですね。
文章のおき方としては空間をうまく利用して、
見た目にも読みやすくするとよいでしょう。
重要となる単語以外に、似たようなことばを繰り返すのも避けましょう。
読みやすい文書・文章類が作れる思います。
最後に、ビジネス文章の書き方として以下の3点は
ビジネス文章を書き終わったあとで
きちんと守られているか確認しましょう。
●5W2Hの7つの要素で正確な文章をつくる
●簡潔な文章を書く
●わかりやすい文章を書く

以上になります。

ビジネス文章について(ビジネス文章サンプル)

周りの人から贈り物をいただくことは多くあるかと思います。
自分が結婚してお祝いをいただくこともあるでしょうし、
赤ちゃんが生まれるときなどは、
出産祝いなどをいただくこともあるでしょう。
他にも何かをいただいて、それに対してのお礼状を贈り返すことも
あると思います。
そうした場合の共通したマナーとしては、
●お祝いをいただいたら早いうちにお礼状を作成する
ということです。

相手の気持ちになってみたとき。
お祝いをあげたのに連絡などが中々来ない。。
となると心配ですし、
逆に品物を送った人からすぐに返事が来たら
嬉しくなりますよね?
そういうことなんです。
何かをいただいたら礼状を早いうちに送ること。
いただいたものが品物であれば、「使用感」も添えることが
できたらなおのこと喜ばれるでしょう。

サンプルとして、礼状の中でもここでは、
出産祝いの礼状」の文例を挙げることにします。
「お祝いの品を喜んで受け取らせていただきました。
本当にありがとうございます。
母親になったという実感が日々湧いてくるようであり、
いただいた品物を前に気持ちは愛情と希望で一杯です。
この子を一人前に育てるまでは成長とともに私も学んでゆくつもりです。
心ばかりではありますが別の便にてお礼の印をお届けします。
また皆様にお目にかかる日をお待ちしております。」

出産祝いのお返しを贈る際。
⇒のしには内祝いと書き、
のしの下に子供の名前を書くといいですよ。

初節句(ビジネス文章サンプル)

初節句とは。
⇒赤ちゃんが生まれてから初めて迎える節句のこと。
女の子であれば3月3日が雛祭りの節句。
男の子なら5月5日が端午の節句。

生まれてから2ヶ月以内などまだ日が浅いうちは
翌年にお祝いを延ばすこともあります。
女の子の場合は。
お母さんの実家から内裏雛を贈り、
親戚や仲人からはその他の人形やそれに付属する道具などを贈る、
という風習が現在でも多く残っているようですね。
どのようなものを贈ればよいのかは確認したほうがいいですね。
赤ちゃんを含めてその家の生活様式や都合などもありますからね。
母親や母親の親戚など一同で何かを揃えるということも良い風習だと
いえるでしょう。

ひな祭りのお祝い品として。
潮汲み人形や藤娘などの日本人形に加えて普段の生活用品等、
2歳ぐらいまではこどもの生活に必要な品を贈ると喜ばれますよ。
男の子の場合。
⇒こいのぼりや五月人形などでそのこの成長を祝います。
五月人形についてはお母さんの実家から贈るという風習はありません。
人形がなくても手作りのものを子供と一緒に作成する。
これがまた楽しい行事になるんですよ。
初節句の際にはお祝いのお返しとし、
●初節句のお祝いの席に招く
●おめでたい意味の干菓子や紅白の菓子などを贈る
↑ こういうのがいいですね。
お祝い返しの際には。
⇒贈り物や礼状とともに赤ちゃんの写真をあわせて送るのもいいでしょう。
お祝い返しの品につける表書きは赤ちゃんの名前で行ってください。

Copyright © 2007 ビジネス文章の書き方とビジネス文章サンプル